Côteaux Nantais

1943年、2ヘクタールの果樹園からはじまったコトー・ナンテ。当初は一般的な農法を実践していましたが、1970年に肥料や農薬を使わない有機農法へ転換しました。さらに、1995年よりバイオダイナミック農法(自然農法)へと転換し、ヨーロッパでオーガニックフルーツブランドといえば、コトー・ナンテといわれるほど、たしかな品質と地位を確立しました。

また、コトー・ナンテは、EUのオーガニック認証の中でも厳しく、最も信頼がおけるとされるdemeter認証を取得しています。これは、バイオダイナミック農法を実践している証明でもあります。現在、コトー・ナンテの総面積は94ヘクタールを超え、37種類のりんごをはじめとする、様々な種類のフルーツ栽培を行っています。

これからのフルーツを使って作る、コトー・ナンテのスパークリングジュース、シードル、アップルサイダーヴィネガーはどれも瑞々しい味わいで、フランスのミシュラン星付きレストランで提供されるなど、美食家の方々からも愛されています。

スパークリングジュース

シードル

アップルサイダーヴィネガー